2017年12月22日金曜日

冬からの使者


どうも僕は白いものに弱い。

冬。雪。そして、白い鳥(タンチョウヅル、ユキホオジロ、キョクアジサシ、シロフクロウ、シロハヤブサ、白鳥)

白 → 北
そんなイメージが頭の中にあるのでしょう、白いものを目にすると心が震えるのです。
北極圏でいつも見ていた色白の鳥たちが頭の中に蘇ってくるのです。

確か去年は訪れることはなかった、自宅から近いところに白鳥の飛来地があります。
急に白鳥の声が聞きたくなりました。

数羽が飛来、と耳にしていたのは2ヶ月ほど前。現在は60羽ほどいるようです。
シベリアから新潟の瓢湖を経由し、渡ってくるという埼玉の群れ。

明けきらぬ薄明の中を、遠くから白鳥たちの声が響き始めると、
「ブルンッ!ブルンッ!」と力強く羽ばたく大きな翼音が目の前を通過してゆきます。


白という色には神秘的な魅力が。


 家族を単位としている群れ。


集まった群れは毛づくろいをしながらしばらく過ごし、


太陽の日が差すと、乱舞するように一斉に飛び立つ。 
鳴き声、翼の音、この迫力には心が震える......


ほんとにここは埼玉か?と思える光景。


三段飛び。


壮絶な朝の光景を目にした後、ポツンと水に浮かんでいた真っ黒い一羽のバン。

今朝の舞台ではスポットライトを浴びることはなかったけれど、
なんだか愛おしい存在に思えたのでした......



2017年12月15日金曜日

冬へ向かう森


テレビのニュースが今季一番の冷え込みを伝えた日。
いつもの森には冬に向かう姿がありました。

明けやらぬ森にゆっくりと光が射し、山の朝が始まります。

冷たい空気を吸い込みながらそんな森の姿を眺めていると、
息をするだけでスゥ〜ッと頭の中の霧が晴れてゆくような感覚になれるのです。

深呼吸には脳を活性化させ、心拍数を下げ、気持ちを落ち着ける作用があります。
そして、森の中にはフィトンチッド。樹々が発しているという化学物質。

森の空気の中にたっぷりと含まれているであろうこの物質と澄んだ空気を胸一杯に吸い込むことで気持ちは穏やかに。その存在を直接的に感じるわけではないけれど、心が安らぐということは、きっと効果はあるのでしょう。



冬を前に一見モノトーンに見える森も、
足元に目を落とすとまだそこに残る秋の色。カラフルな世界が広がっていました。


霜の降りた葉は自然が作り出したアート作品。
マクロレンズを付けたカメラで何時間でもファインダーを覗いていられます。


稜線から顔を出した太陽は、風景はゆっくりと溶かしてゆきます。
凍結と融解を繰り返し微生物に分解される落ち葉は林床に堆積し、やがて土壌を形成してゆきます。そして次の世代を育てる新たな栄養分に変わります。
気づきもしない風景の中の輪廻。自然の中でしぜんに繰り返されているそんな時の流れ。

あまりにも複雑でせわしない現代社会の時の流れとはちょっと違う時間の流れが、ここには、ある。

そんなことを冬に向かう森の中で思った師走のある日。

2017年11月14日火曜日

いつもの森の秋


四季を通じ訪れている森へと車を飛ばしました。
今年はあまり来る機会が持てずだったので、多くの台風や雨の後で、森はどうなっているのかが気がかりでした。

久しぶりの森は、なんら変わった様子もなく、秋の色に染まりいつものようにありました。いつものように、いつも見ている木を眺め、カメラを向け、数回シャッターを切る。

それだけでいいのです。

今はまだ海外へは出かけることのできない僕ですが、家から一時間ちょっとのこの森に来ることでかなり気分は癒されるのです。



日本という国の自然もなかなかに素敵だと思います。
繊細な風景は心に沁みる、そう思います。

色づく葉の間を移動してゆくヒガラの姿を見つめながらほんの少しだけセンチメンタルな感情に浸ってみたのでした......

2017年5月18日木曜日

北海道の動物に会いに

ようやく目指すことができる北国を思うとハンドルを握る手には力が入り、アクセルを強く踏み込まずにはいられなかった。...... 東北道をひた走り、一路北へ。

休憩などどうでもいい、一刻も早く北海道へ入りたかった。
7時間足らずで青森港へ到着。青函連絡船のターミナルでチケットを購入すると、いよいよかっ!という気持ちになった。

ゴールデンウィークも終わり、青函連絡船の船内は人影もまばら......二等船室の隅に陣取ると、早速、缶ビールを開けどんな動物に出会えるかと妄想を始める。

ここ数年、仕事で北海道へは行っているものの、動物の撮影ではないので広大な大地を目にしながらも欲求不満を感じていた。

風景などどうでもいい。とにかく動物にレンズを向けてシャッターを切りたかった。


エゾシカの群れ


キタキツネ


ナキウサギ


ヒグマ


シマフクロウ


ほかにも多くの鳥、知らぬうちに車に侵入していたエゾクロテンなど、短い滞在期間の中で様々な動物たちに出会うことができました。

2017年4月8日土曜日

春ぅ



さくら満開。
季節は巡り、ふたたびの春。


                                      

水辺の鳥たちに訪れる恋の季節。

                                      

海外からも多くの観光客が花見に訪れますが、外来種であるミシシッピアカミミガメはもう、何十年も日本の春の桜を見上げています。


満開のさくら、飾り羽を身にまとったダイサギ。
にっぽんの春の風景。

2017年3月9日木曜日

デナリ・ナショナルパーク、100周年。

アラスカ。デナリナショナルパーク。設立100周年。

北米大陸の最高峰であるデナリ、その山を取り囲むように広がる九州と同じほどの面積を持つ国立公園。6000メートルを超えるデナリを主峰に多くの白き峰々が天を貫き、裾野に広がる荒野にはグリズリーやオオカミ、ヘラジカ、カリブー、多くの野生動物が暮らしています。1917年、国立公園に制定されてから100年が経ちました。

アラスカへ通うようになり訪れた回数は数え切れないほど、20年以上通った場所です。四季を問わず多くの時間をこの場所で過ごし、心に残る写真の多くもこの国立公園で撮影しました。


ワンダーレイクに映るデナリとアラスカ山脈。

神秘的な湖に映る山々の姿が撮りたくて、テントから片道一時間半ほどの道のりを何度通ったことでしょう。ヘッドランプの光を頼りに、夜中にテントを出ると何度かクマにも遭遇しました。

往復三時間余りの道のりを歩いても、雲が出て山が隠れてしまったり、いい光にならなかったり、かと思えばタイミングよく湖にヘラジカが入っていたり、様々なことがありました。



朝日の昇ったツンドラに現れたヘラジカ。

この場所では写真撮影の多くを学んだ気がします。

多くの動物を観察することができ、風景も最高、そんなシチュエーションでの撮影は至福の時でした。
世界的にも有名な国立公園だけあって、ナショナルジオグラフィックの写真家たちとも出会うことがあり、レンズを並べて撮影するチャンスにも恵まれました。

手つかずのまま、そのままに残されている国立公園が100年もの歴史を誇るというのは素敵なことではないでしょうか......

久しぶりにまた、ワンダーレイク越しにデナリを眺めたい、デナリ国立公園設立100周年の声を聞き、そんな思いになりました。


2017年2月6日月曜日

赤い鳥を求めて...


冬型気圧配置は関東地方の山々にも積雪をもたらしました。
キィーンと冷えた空気の中で冬の鳥の姿を見たくなり出かけた週末。

街での生活にどっぷりと浸っていると、精神も、体も軟弱になってゆく自分を感じます、寒さに弱くなってゆくのがわかるのです。だめだなぁ〜、そう思いつつ、カメラと三脚をバックシートに放り込み雪の積もっている山を目指して車を飛ばしました。


山沿いの里には蝋梅が満開の季節、甘い香りに季節は動いているのだなぁ〜と感じます。道に残る雪をスタットレスで踏みしめながら標高を上げて行きます。車を停め森の中へ......

頬を撫で、吹き抜けてゆく冷たい風。葉を落とした森に走る鳥たちの影。近くではアカゲラが木を啄く音。

生き物たちの気配を感じるために街の暮らしで鈍った五感を取り戻すのには少し時間がかかります。


木につけられたクマの爪研ぎの痕。数年前から気になっていた木には爪痕の本数が増えていました。何度かやって来ているはずのクマもまだ冬ごもりの中でしょう。

この森で一番の目的の鳥はオオマシコ。シベリア地方から冬になると渡ってくる冬鳥です。特徴はその体色の赤。

鳥たちの鳴き声と気配に耳をすますこと数時間。


ふと気づくと目の前の枝に真っ赤な鳥が......


一旦鳥たちが姿を現すと、急に騒がしくなる森!
争う二羽。上にいるのはアトリ。大きな群れになることが知られている鳥です。多い時には数十万羽に及ぶことも。


アトリ同士の争い


正面から見た顔、お茶目で可愛いこと


お洒落なアイランが可愛い、ゴジュウカラ。独特な爪の作りで木の幹に逆さまに掴まることができる鳥です。


雪の白に映える赤。

なぜ、赤という色がこの鳥についたのか?きっと何か意味があるはずです。けれど意味などどうでもいいのです、レンズ越しに目の前にいる鳥は、ただ、ただ美しく、今、僕の目の前にいることに意味があるのですから。

シベリア地方から数千キロもを旅してくる数少ないこの小さな鳥、その姿を目にすることに希望と勇気を与えられた、意味のある週末でした。