2016年8月31日水曜日

極北の秋を思ふ


いくつもの台風が通過している最近の日本列島。まだ8月の終わりですが、なんとなく今年は秋の訪れが早いのかな?と感じてしまう僕なのです。きっと暑さが苦手な為、少しでも早く涼しい季節になることを心のどこかで待ちわびているからでしょう。

以前、秋のこの時期のほとんどをアラスカで過ごしていました。
アラスカではすでに紅葉が始まり、8月の終わりから2週間ほどは紅葉の風景に目を奪われてしまうのです。

赤い葉の紅葉はブルーベリーや白樺、ウラシマツツジ。ヤナギやアスペンの黄色い葉、そこに針葉樹のみどり色が加って、カラフルな風景は心に沁みるのです。

そして、風景の中に動物の姿があればイメージは完璧なものに。

この光景に出会えれば、どれだけの費用がかかり、どれだけの距離を旅して来ようと、いい!と、思えてしまうのです。



紅葉の中のカリブー、秋には角を覆っていたベルベットの角袋がとれ、赤い角が現れています。角から血の赤色が消え硬さをましてゆくと繁殖期に入り、雌を獲得する為の角での闘いが始まります。


ツンドラに続く紅葉の海。その奥にはデナリ(6194 m)があらわれていました。近くで見ると巨大なムースも広大な風景の中ではその巨体も小さく感じてしまいます。


ブルーベリーの紅葉の中にはホッキョクジリスの姿が......
大地から色が消える頃、彼らは8ヶ月近い冬眠に入るのです。


色づくのは大地だけではありません。夜が戻って来た空にもオーロラのカラフルな色がつくのです。ユーコン川の水面にうつる秋のオーロラ。


2016年7月14日木曜日

北海道の動物たち



北海道といえばキタキツネ。彼らの姿を目にすると、つい、「ル〜、ル、ル、ル、ルゥ〜♪」と言ってしまう自分がいる......


道路脇の崖くずれ防止用フェンスを登るヒグマ。
北海道で暮らしていた頃、何度かヒグマの姿を見たことがあった、山の中で気配を感じたことは何度もあった。

今回、久しぶりに訪れた北海道で、なんとなくクマに逢えるような気がしていた。
そして訪れた知床でクマに出逢った。道路脇の斜面にいたヒグマ。目の前にあったオーバーハング気味のフェンスに鋭い爪をかけ難なく乗り越えると、森の中へ消えて行った。


野付半島も以前には何度も訪れた場所。時期を違わずほぼ同じ場所でタンチョウの姿を目にする。北の最果てのイメージの場所でこの美しい鳥の姿は心にしみる。


アオサギのコロニー、数十羽のアオサギが魚を獲る光景がある。


エゾカンゾウの花畑の中のエゾシカ。


いちばん逢いたかったクマの姿を見ることができて感無量だった。できればバックグラウンンドには人工物ではなく、美しい自然の風景がよかったが。けれど、一目だけでもその姿を見ることができたから嬉しかった。

人工物のある、人の気配のする場所にも姿を現すクマ、今年はまた一段とクマの目撃情報が多い。どうか事故が起きないことをねがう......

2016年7月8日金曜日

北海道の風景


小樽の岸壁に停泊するダイヤモンドプリンセス。横浜港を出港したこの船は、函館、釧路、知床半島を廻り、樺太に寄港し小樽へ入港。乗客の約900人は日本人、その他アジア各地、アメリカやヨーロッパからの客を乗せクルーズを行っている12万トンの客船です。ここ数年、国内で様々な客船を追いながら撮影するというのが僕の仕事になっているため、先週まで10日間ほど北海道に滞在し、陸から、空からとこの船を追っておりました。

北海道は大学時代を過ごした、とても思い入れのある場所です。去年も数年ぶりで数日間訪れましたが、訪れる度に感無量で涙がこぼれそうになってしまいます。


小樽運河夕景。

僕が学生時代、この運河は大規模な工事が行われたのを覚えています。
ロマンティック(?)な僕はガス灯に火がともるのを見に何度も訪れた所です。
一度、訪ねてきた親父を、友達に借りた車に乗せ小樽へ連れて来たことがありました。運河を案内し、北一ガラスでガラス製品を見て、おいしい寿司屋で食事をした思い出があります。


積丹岬。

積丹ブルーと呼ばれる蒼は北の海とは思えないような色。
ゆらゆらと大きな昆布がゆれ、岩場にはたくさんのウニが......

余市のニッカウヰスキー工場で試飲した後、この浜で泳いだ思い出の場所。


こんな浜辺で向こうからクマが歩いてきたとしたら......
最高に絵になるのだけれど。




富良野。

大雪山の連なり、多くの鳥や動物も暮らす山に続く素敵な森があります。大学時代も、卒業してからも大雪山にはよく入っていました。

写真はファーム富田。今ではすっかり規模が大きくなり何台もの観光バスがとまり、国内外からの大勢の観光客で賑やかです。


どこまでも牧草地や畑が続く丘の光景は北海道ならでは。人工の風景ではあるけれど、織りなす彩の風景には目を奪われます。


知床岬。

奥には国後の山々が見えています。セスナで女満別空港を飛び立つ時には晴れていた空も、岬上空に近づくにつれ雲が湧いてきました。海に突き出した半島に巻き起こる気流は特殊で、パイロットも神経を使う場所だとのこと。岬が姿を現したのは一瞬でした。



空から撮影した夕暮れのオホーツク海。
海流と風、そして光が作り出す光景にセスナのパイロットと二人で見惚れておりました。

2016年6月16日木曜日

New Home-page


http://dance-with-bear.wix.com/toru


ホームページを新しく作りました。

1年ほど前から少しづつフィルムのスキャンをして準備はしておりましたが、なかなか進行せずでした。ここにきて一挙にスキャンのスピードを上げ、とりあえず、本日アップできるところまでこぎつけました。Wixのフリーのサイトでの製作ですが、これまでのページと違い500カットほどの写真を掲載しております。

まだ完成ではありませんが。

ここ数年は諸々の事情により、海外への撮影にはほとんど出かけておりませんので新作はありませんが、20数年通い続けて撮影したアラスカの写真に加え、日本で撮影した写真も入れてあります。

これからさらに少しづつ写真の数も増やしてゆくつもりです。

ご覧いただければ幸いです。

2016年5月11日水曜日

青い鳥に会いに


今年もオオルリの囀りを聞きに行ってきました。
みどりの森の中を飛び回る青い鳥の姿は神聖で、その鳴き声は僕の心に沁みてゆくのでした。

時間さえあればいちばん訪れたいのがこの森。
最初に訪れたのはもう30年近く前のことになります。カラマツの森があり、シラカバの林があり、ブナの木々がある......そんな山の中。

            

薪にできる下枝はいくらでもあり、滞在中は小さな焚火を絶やさずに燃やし続けることができます。   

鹿が鳴き、フクロウもやって来る。熊はぎの痕跡のある木も何本か見つけました。

五月の新緑の季節、秋にはカラマツが金色に輝く頃、そして、たまに真冬も訪れている、ちょっと大切な秘密の場所です。

真剣に写真を撮るのでもなく、山に登るのでもなく、ただ、焚火の火を見つめている、そんな時間が最高にリラックスできるのです。

            
ブナ林 


シラカバ林

森の姿を見ながら、焚火をしてコーヒー(ウヰスキー?)を飲みながら鳥たちの声を聞き、フィトンチッドを胸いっぱいに吸い込むことで、再び街で暮らす鋭気を養うのです。


林床のあちこちにはニリンソウが群落をつくって咲いております。 


ヒトリシズカ は大勢でにぎやかに咲き。


ムラサキケマンは変わった型の花をつけています。


【オオルリの雄】
何故こんなに美しい青なのだろう? 


【オオルリの雌】
雄に比べ、かなり渋い色ですね。鳥は全般的にそうですが...


キャンプのよこに流れる渓流にはヤマメの姿が。この光景もたまりません。
釣りたくて仕方ない衝動をおさえて、ずっと眺めていた僕でした。

2016年5月1日日曜日

五月初日


もぉ〜5月かぁ〜。
ゴールデンウィーク2日目の今日。
夏を感じさせるような、Tシャツでも汗ばむほどの天気でした。

今年初めて車のエアコンを入れ、近くの公園へ。

駐車場は車であふれ、連休の雰囲気はこんなところにもただよっておりました。
散歩をする人、絵を描く人、はしゃぎ回る子供たち......

様々な音や、声が聞こえる中で、見上げたメタセコイヤ。
一本の太古をイメージさせる樹を見上げているとすぐに妄想の世界の中へ!

あらゆる音が耳から消えてゆき、僕は様々な動物に取り囲まれてゆく......

モノクロでワンカット。


鳥の鳴き声に我にかえりました。

林間を飛び交う影をズームレンズを付けたカメラで追う。見上げた枝には何と!
10羽のエナガの雛に餌を運ぶ親鳥の姿がありました。

微笑ましい光景を目にすることができた五月初日。


2016年4月25日月曜日

心にしみる森

先週も出かておりましたが、データの整理ができておらず、アップしておりませんでしたので本日のアップです。

ほんの少しでも森へ行ける時は森を見に行くことにしています。
樹々の姿を見ていると、あらゆる雑念は消え去り心が癒されるのです。

うぐいすの声。ミソサザイの囀り。
鳥たちの歌声も心地よく響きます。

このところの暖かさで、今頃、みどりはもっとその濃さをましていることでしょう。
そろそろ、もう少しゆっくり、何も考えずに森の中で過ごし、焚き火などして、フクロウの声でも聞きたいものです......