2016年12月4日日曜日

申年の終わりに......


” おう〜っ!”

猿はあたかもそう言っているように僕を迎えてくれたのでした。

アメリカから帰国した友人母娘のリクエストにお答えして久しぶりに訪れた地獄谷温泉。
高速から見える山々の稜線には新雪がつき、里には真っ赤なリンゴが色づく季節。

秋の一時期しか食べられない小布施のマロンシュークリームはまだこの季節の販売を終了していないだろうか?そんなことを考えながらハンドルを握っておりました。

家族とは何度も訪れ、海外からの友人を連れてきたり、海外の写真家のガイドでも訪れておりました。猿が温泉に入る姿は多くの雑誌やテレビでも紹介され、今や世界中から多くの人々が訪れるようになりました。



猿たちの仕草や表情の豊かなこと、ずっと見ていても飽きません。
野生動物写真家のご主人を持つ友人母娘はいつも広大な自然の中で様々な野生動物たちの織り成すシーンを目にしているので、地獄谷の猿はどうだろうか?と少し心配ではありました。

が、しかし、そんな心配はどこへやら。想像もしなかった食いつきようで興奮状態の二人!僕は満足して、写真を撮り続ける二人の姿を笑って見ておりました。


いつも利用させていただいていた、上林温泉の宿を今回も予約しておりました。
入り口を入ると僕の撮った写真が迎えてくれ、ロビーのあちこちにも飾ってくれています。宿のオヤジさんはキャラクターの濃い、とても面白く、ちょっとエッチな人。ガイドの仕事で初めて訪れた時から意気投合し、訪れる度に酒を酌み交わしたものです。

久しぶりの再会に飲もうとジョニアカを一本仕入れて行ったのですが。二年前に亡くなっておりました。オヤジさんが作った庭を見ながら露天風呂に入ると冷んやりとした空気の中から舞い落ちてくる雪......

今頃は空の上で温泉に入り、きっと一杯やっているにちがいありません。


2016年11月28日月曜日

秋の森における精神的影響






                                         



この秋も、できる限り多くの時を森の木々を見て過ごしました。
街での暮らしがどうもしっくりこない僕は都会にいるとストレスが溜まるのです。

「もみじ狩り」... 秋の紅葉を見に出かけること。
そんな言葉のある日本という国はとても繊細な感覚を持つ素敵な国だと思います。

我々の住む地球には、地軸にわずか23.4度という傾きがあるがゆえに生まれた四季があります。四季それぞれに森の姿を味わえるのはこの傾きのなす偶然によるものなのです。

島国である日本の森は箱庭的であるがゆえに繊細さをかもし出しているのかもしれません。大陸的で、圧倒される風景とは違い、どことなく温もりとやさしささえ感じられる自然である気がします。

紅葉のカラフルな葉は視覚を刺激し安らぎを与えてくれます。その相乗効果として木々から放出されているフィトンチッド。その成分と効能は。

α−ピネン      ・・・   鎮静作用
シトラール      ・・・  自律神経の安定作用
リモネン       ・・・  血圧の安定
ボルネオール      ・・・ 体内時計の調整
α−カジノオール  ・・・ 疼痛の緩和

本能的に森へ行きたくなるのはこれらの作用が DNAの中に記憶されているからでしょうか?体ひとつで森の中で暮らしている動物たちが健康的に暮らしているのにもこういった成分が一役かっているのかもしれません。

ハラハラと舞い落ちる色づいた葉。何となくセンチメンタルな気分になる秋の森、地面に積った葉は腐葉土層を形成し、新たに育ってゆく木々の養分になっていきます。

人の暮らしも、木々の暮らしもその時間軸の差こそあれ、その一生に大きな差はないのかもしれません......

あとひと月もすれば、落葉樹のすべての葉はおち、春までの休止期に入ります。
やがて雪の積もった木々は再び視覚的に楽しませてくれる森となり、そんな森に癒されに僕はまた森へ行くことになると思います。


2016年10月27日木曜日

秋の森へ

街の中の暮らしが好きな人もいれば、自然の中での暮らしが好きな人もいる。
僕は確実に後者の人間だと思う。

ずっと自然の中にさえいれば幸せでいられるのです。
街の灯りが恋しいと思うことは、ない。 ( 赤ちょうちんは別として...... )

このごろはとくに、森へ出かけずにいるとイライラがつのってしまうのです。
ここ数年はほとんど街での我慢の暮らし...

かつては年間100日近くをテントで暮らしておりました。

そんなわけで、また、秋の森へ行ってきました。

あまり遠出はできないので北八ヶ岳と八千穂高原を回り、いつもの秘密のキャンプ地へ。
大学を卒業した年、北八ヶ岳の高見石小屋でアルバイトをしていたことがあります。

ボッカ(荷物運び)や薪割り、食事の支度、登山客の世話〜 etc. 対人関係の苦手な僕にはお客様の相手さえなければ最高の仕事だったことを思い出します。

その後、何度か訪れていましたが今回は十数年ぶりかもしれません。


苔むしたコメツガやトウヒからなる北八の森。
アラスカやカナダの海岸沿いにもよく似た光景があります。


標高千メートルを越えたあたりから増え始める白樺の樹々。
その白い幹は冬に向けさらに白さを増し、白と紅葉した葉のコントラストは視覚から感情を刺激するのです。


テントを張ったその場所から樹冠を見上げた風景。
ずっと、こんな森の中で暮らせたなら......

時折風が吹くと、ハラハラと舞う彩の葉。
そんな時、必ずといっていいほど僕の頭の中では George Winston のピアノの音色が流れてきます。

毎年、秋のアラスカの紅葉を目に、頭の中で流れていたピアノの音。
その音に重なって響いていたオオカミの遠吠え。

残念ながらここではオオカミの声は聞こえては来ないけれど、冷んやりと心地よい秋の空気に包まれ、焚火の炎を見つめていると、少しづつ心が癒されてゆくのです。


森の奥で、鹿が鳴きました。



2016年9月29日木曜日

そろそろ森へ行きたくなりました


今月初め、釣りに行った渓流沿いで目にした森は美しかった。
このところ雨が多かった為か、たっぷりと水分を吸収した樹々は生き生きと見えました。

山へ行っても、かなり奥地までのびている林道。目につく森の多くは植林。
等間隔で植えられた杉の木々、真っ直ぐに伸びた幹は何となく味気ない風景に感じてしまうのですが。

そんな景色の中で目にする原生林は、いい〜。
暗色の幹の杉と明るい色のブナとの対比には目を魅かれます。

三姉妹のように並んで立っているブナ。カメラを取り出し、何度かのシャッターを切り、しばらく見とれておりました。


斜面からとびだし、転がり落ちそうに見える巨大な岩。何本もの太い幹でその岩を支え、踏ん張っているように見える木の姿の逞しいこと!どのような行程でこんな風景になったのだろう? 地殻変動や地面の風化で現れた岩、そしてその岩を這うように成長していった幹。数十年、数百年と時間をかけて変化していったであろうこの岩と木の関係で様々な想像を膨らませることができました。

野生動物に遭うことはなかなか難しいけれど、岩や木はいつもそこにあります。

たまに訪れる同じ場所での季節毎の風景もまた、オツなものです。
そんな風景を見に、近くでいいからそろそろまた、森の中へ行きたくなりました。

僕のセラピストである森の木々の声を聞きに。

2016年8月31日水曜日

極北の秋を思ふ


いくつもの台風が通過している最近の日本列島。まだ8月の終わりですが、なんとなく今年は秋の訪れが早いのかな?と感じてしまう僕なのです。きっと暑さが苦手な為、少しでも早く涼しい季節になることを心のどこかで待ちわびているからでしょう。

以前、秋のこの時期のほとんどをアラスカで過ごしていました。
アラスカではすでに紅葉が始まり、8月の終わりから2週間ほどは紅葉の風景に目を奪われてしまうのです。

赤い葉の紅葉はブルーベリーや白樺、ウラシマツツジ。ヤナギやアスペンの黄色い葉、そこに針葉樹のみどり色が加って、カラフルな風景は心に沁みるのです。

そして、風景の中に動物の姿があればイメージは完璧なものに。

この光景に出会えれば、どれだけの費用がかかり、どれだけの距離を旅して来ようと、いい!と、思えてしまうのです。



紅葉の中のカリブー、秋には角を覆っていたベルベットの角袋がとれ、赤い角が現れています。角から血の赤色が消え硬さをましてゆくと繁殖期に入り、雌を獲得する為の角での闘いが始まります。


ツンドラに続く紅葉の海。その奥にはデナリ(6194 m)があらわれていました。近くで見ると巨大なムースも広大な風景の中ではその巨体も小さく感じてしまいます。


ブルーベリーの紅葉の中にはホッキョクジリスの姿が......
大地から色が消える頃、彼らは8ヶ月近い冬眠に入るのです。


色づくのは大地だけではありません。夜が戻って来た空にもオーロラのカラフルな色がつくのです。ユーコン川の水面にうつる秋のオーロラ。


2016年7月14日木曜日

北海道の動物たち



北海道といえばキタキツネ。彼らの姿を目にすると、つい、「ル〜、ル、ル、ル、ルゥ〜♪」と言ってしまう自分がいる......


道路脇の崖くずれ防止用フェンスを登るヒグマ。
北海道で暮らしていた頃、何度かヒグマの姿を見たことがあった、山の中で気配を感じたことは何度もあった。

今回、久しぶりに訪れた北海道で、なんとなくクマに逢えるような気がしていた。
そして訪れた知床でクマに出逢った。道路脇の斜面にいたヒグマ。目の前にあったオーバーハング気味のフェンスに鋭い爪をかけ難なく乗り越えると、森の中へ消えて行った。


野付半島も以前には何度も訪れた場所。時期を違わずほぼ同じ場所でタンチョウの姿を目にする。北の最果てのイメージの場所でこの美しい鳥の姿は心にしみる。


アオサギのコロニー、数十羽のアオサギが魚を獲る光景がある。


エゾカンゾウの花畑の中のエゾシカ。


いちばん逢いたかったクマの姿を見ることができて感無量だった。できればバックグラウンンドには人工物ではなく、美しい自然の風景がよかったが。けれど、一目だけでもその姿を見ることができたから嬉しかった。

人工物のある、人の気配のする場所にも姿を現すクマ、今年はまた一段とクマの目撃情報が多い。どうか事故が起きないことをねがう......

2016年7月8日金曜日

北海道の風景


小樽の岸壁に停泊するダイヤモンドプリンセス。横浜港を出港したこの船は、函館、釧路、知床半島を廻り、樺太に寄港し小樽へ入港。乗客の約900人は日本人、その他アジア各地、アメリカやヨーロッパからの客を乗せクルーズを行っている12万トンの客船です。ここ数年、国内で様々な客船を追いながら撮影するというのが僕の仕事になっているため、先週まで10日間ほど北海道に滞在し、陸から、空からとこの船を追っておりました。

北海道は大学時代を過ごした、とても思い入れのある場所です。去年も数年ぶりで数日間訪れましたが、訪れる度に感無量で涙がこぼれそうになってしまいます。


小樽運河夕景。

僕が学生時代、この運河は大規模な工事が行われたのを覚えています。
ロマンティック(?)な僕はガス灯に火がともるのを見に何度も訪れた所です。
一度、訪ねてきた親父を、友達に借りた車に乗せ小樽へ連れて来たことがありました。運河を案内し、北一ガラスでガラス製品を見て、おいしい寿司屋で食事をした思い出があります。


積丹岬。

積丹ブルーと呼ばれる蒼は北の海とは思えないような色。
ゆらゆらと大きな昆布がゆれ、岩場にはたくさんのウニが......

余市のニッカウヰスキー工場で試飲した後、この浜で泳いだ思い出の場所。


こんな浜辺で向こうからクマが歩いてきたとしたら......
最高に絵になるのだけれど。




富良野。

大雪山の連なり、多くの鳥や動物も暮らす山に続く素敵な森があります。大学時代も、卒業してからも大雪山にはよく入っていました。

写真はファーム富田。今ではすっかり規模が大きくなり何台もの観光バスがとまり、国内外からの大勢の観光客で賑やかです。


どこまでも牧草地や畑が続く丘の光景は北海道ならでは。人工の風景ではあるけれど、織りなす彩の風景には目を奪われます。


知床岬。

奥には国後の山々が見えています。セスナで女満別空港を飛び立つ時には晴れていた空も、岬上空に近づくにつれ雲が湧いてきました。海に突き出した半島に巻き起こる気流は特殊で、パイロットも神経を使う場所だとのこと。岬が姿を現したのは一瞬でした。



空から撮影した夕暮れのオホーツク海。
海流と風、そして光が作り出す光景にセスナのパイロットと二人で見惚れておりました。